ぱんだこ保育園は定員12名の小さな保育園です。
未来を担う一人ひとりのお子さまを大切に、個性を尊重し保育を行います。
お子さまの豊かな成長とお父さま、お母さまの子育てを応援します!!

基本方針

未来を担う子どもたちの「ココロ」を育む保育

未来を担う子ども達の心に寄り添う保育を基本理念に「自立のこころ」「愛のこころ」「自由なこころ」を基本に「心と身体の健やかな子」を保育理念とし、一人ひとりに寄り添った関わりの中で、「心も身体も元気な子ども」「友だちを大切にする子ども」「よく見て、よく聞いて、よく考える子ども」を保育目標としています。その他、「お父さん、お母さんと共に子育て」も運営方針の一つとし、有意義な情報発信や勉強会を開催し、地域に開かれた保育園を目指します。

五育

教育

英語教育を中心に発信する力、表現する力を養います。

体育

お天気の良い日はお散歩や外遊びを積極的に取り入れ、体力の向上を図ります。

食育

自園で調理した給食・手作りおやつを提供。食を大切にする心を育てます。

知育

月齢に合った知育玩具や手作りおもちゃなどを使い、子どもたちの考える力を引き出します。

共育

「保護者の皆様と共に子育て」を目標に、保護者の方との信頼関係を大切に、有意義な情報交換や発信基地を目指します。

ぱんだこ保育園は、企業主導型保育事業の保育園です。

 

企業主導型保育事業の特徴

  1. 多様な就労形態に対応した保育サービスの提供が可能
    (延長、土曜保育、短時間や週数回の利用も可能)
  2. お勤め先と「企業提携※」することで保育料がお安くなります。
    ※「企業提携」とは、お父さん・お母さんがお勤めする会社(企業)と当保育園との間で、企業主導型保育事業の目的等を理解いただき、働くお父さん・お母さんを企業としてサポートすることに対する同意とお考えください。提携するにあたり会社としての金銭的リスク等はありません。詳しくはお問い合わせください。
  3. 認可保育園の保育士配置基準数以上の保育士配置基準
  4. 地域枠として、企業提携できないご家庭でも定員の50%の人数までの受入れが可能
  5. 認可保育園ではなかなか出来ない企業主導型保育事業ならでは独自保育サービスの提供が可能
  6. 札幌市のほか、内閣府所管の児童育成協会の立入調査があり、年間最低2回の行政指導のもと運営要件を満たしているかの運営管理が行われています。

お父さま、お母さまの就労状況にあわせて託児することが可能なので
フレキシブルな働き方が可能になります

ぱんだこ保育園 園名の由来

明るい笑顔に溢れ、優しい心で、訪れる人みんなの気持ちが良くなるような保育園でありたい

いわずとしれた人気者のパンダ。愛らしい模様や動きは、見る人の心を癒し、誰にも無条件に愛される。子どもたちが、親にとっても、地域にとっても日本にとってもそんな存在であって欲しいという思いでパンダを用いました。
ぱんだの後ろについている「co(こ)」は、パンダの子という意味ではなく、「コミュニティー(community)」「コミュニケーション(communication)」の「co」を取ったもので、未来を担う子どもたちへの希望や夢、社会で必要なさまざまな教育を保護者の皆様と保育園が「共育」するという共同意識と、その共育に必要な情報交換を活発に行える場所という意味を込めたものです。
温かな愛情を惜しみなく子どもたちに注ぎ、明るい笑顔に溢れ、優しい心で接し、訪れる人みんなの気持ちが良くなるような保育園でありたいと願い、命名しました。

PAGE TOP